ヘッダー画像

Home » 長野TOP » おもしろイベント広場 » ながでんスイミングスクール オリジナル紙芝居

おもしろイベント広場

ながでんスイミングスクール オリジナル紙芝居

更新日:2013.03.26 (火)  子ども

       『オリジナル 紙芝居 金色の水着』

2月末にスイミングスクールイベントで
子ども達に紙芝居の読み聞かせを行いました。
なんと紙芝居は全て手作り♪♪

始めて見る紙芝居に子ども達は夢中!!

下に紙芝居をアップします
ぜひ、ご覧下さい


題名『金色の水着』
DSC02820.JPG DSC02821.JPG
あるところにあま太郎という男がいました。
あま太郎は奥さんのまさ子と二人暮らし、
水泳がとても大好きで毎日近くの
ながでんスイミングスクールに
通っていました。
そんなある日、あま太郎がプールから帰って
来て水着を物干し竿に干そうとしたら風が
ビュウーと吹き、水着が飛ばされてしまい
ました。あま太郎は慌てて水着を追いかけます。
水着はどんどん飛ばされ、近くの泉まで
飛ばされてしまいました。
DSC02822.JPG DSC02824.JPG
水着が落ちた場所はなんと泉の真ん中です。
あま太郎が水着を諦めたその時、泉がパーッ
と光輝き泉の精が現れました。
泉の精はあま太郎に聞きました。
「お前が落とした水着はこの金色の伝説の
水着か?」正直者のあま太郎は「違う!オラの
水着はそんなにキレイじゃない」と答えました。
DSC02825.JPG DSC02826.JPG
次に泉の精はあま太郎の水着を取り出し
「ではこの水着か?」と尋ねました。
「そう!それこそはオラの水着だ!」と
答えました。泉の精はそれを聞き
「お前は正直ものだ!この金色の伝説の
水着をあげよう!」と言ってあま太郎の
水着と一緒に金色の水着
をあま太郎に渡しました。泉の精は続けて
言いました。「この水着はお前に幸運を
もたらす水着だ。ただしこの水着に頼り
過ぎると不幸を招く。そしてお前以外の人が
この水着を使っても不幸になる。気を付け
なさい。」
あま太郎はさっそく金色の水着を履いて泳いで
みました。するとびっくり!力を入れなくてももの
凄く速く泳ぐ事ができました。
DSC02827.JPG DSC02828.JPG
金色の水着を履いて水泳大会に出ると
簡単に優勝する事も出来ます。
こうしてあま太郎は数々の大会で優勝し、
一躍有名人になりました。
有名人になったあま太郎は家に帰らず、遊びに
出かけていました。
そんな生活を続けていると・・・突然病院から
電話がきました。なんと奥さんのまさ子が病気
で倒れてしまったのです。病気を治すのには
お金がかかります。「困ったなー、オラ遊んで
いてお金ないぞ~」あま太郎は困ってしまいました。
DSC02829.JPG DSC02830.JPG
困り果てたあま太郎が歩いていると一枚の
ポスターが目に止まりました。水泳大会の
ポスターでした。なんとそこには優勝すると
100万円と書いてあります。あま太郎は
「これだ!」とすぐ水泳大会に申込ました。
あま太郎には金色の水着があるので簡単に
優勝する事が出来ます。「オラには金色の
水着があるあら簡単だ!!」と喜んでいました。
その様子を見ていたのが近所に住んでいる
たか吉」でした。
大会当日、あま太郎が金色の水着を履こうと
思ってもどこを探しても水着がありません。
しかたなくあま太郎は前までに使っていた
水着を履いて出場する事にしました。大会の
行われるプールに行ってみるとそこには、なんと
金色のパンツを履いたたか吉の姿がありました。
なんとたか吉はあま太郎の水着を盗んでしまった
のです。
DSC02831.JPG DSC02832.JPG
さぁ、水泳大会はいよいよあま太郎とたか吉
の出番です。よーい、ドン!!
3コースを泳ぐあま太郎は全力で手と足を
動かします。あま太郎は呼吸をするのも
忘れるくらい頑張ります。
一方2コースを泳ぐたか吉は
飛び込んだ瞬間に水着が脱げてしまい失格。
必死で泳いだあま太郎は世界記録を出し
優勝しました。金色の水着がなくても一生懸命
泳ぐ事が大切です。優勝したあま太郎は賞金で
まさ子の病気を治し二人は幸せに暮らしました。